HOME>オススメ情報>費用の具体例と建築準備として外せないポイント
一軒家

本体だけでなく付帯工事や諸費用も必要

本体工事のほか注文住宅では付帯工事も必要なので、さいたま市で建築する際も、200万円から400万円程度は想定しておくと良いかもしれません。付帯工事とは電気の屋内配線や外構工事、それにインテリア工事などのことで、実際にいくら掛かるかは各プランで様々です。また、地盤補強工事も付帯工事の1つですから、土地の改良工事の有無によっても費用は大きく変動します。このほか消費税や印紙税、そして登録免許税などの諸費用も200万円以上は必要になるため、この資金も予算に組み込んでおきましょう。そのため建物の本体工事が1,800万円だった場合でも、付帯工事と諸費用がそれぞれ200万円掛かった際は、総コストが2,200万円になる訳です。土地を買う場合はさらに土地代が必要になり、家具や電気製品も新しく買うなら、別途50万円から100万円程度掛かるケースが多くなっています。

実例を数多く見ておこう

2回目の注文住宅の場合は施工業者と直ぐ交渉へ入っても良いかもしれませんが、初めての場合は家作りについて学ぶところからスタートしましょう。とくにマイホーム作りでは、図面と空間イメージをどれだけ一致させられるのかもカギになります。図面や数値的には狭いように感じても、実際は十分な広がりを持っていたり、その逆もまた然りです。空間の広がりに対する認識は個人の感覚や体格なども影響するため、資料だけでは判断が難しく、実際に現場に立ってみないと分からない場合が多々あります。そこで、さいたま市の注文住宅会社で用意しているモデルハウスや住宅展示場へ行き、自分の五感で1つでも多く物件を確かめておくのが重要な準備です。さらに実例の見学会などにも参加して、注文住宅の住み心地などをオーナーに聞くのも参考になります。見学会は予約制の場合が多いので、電話やWebで早めに申込手続きを済ませておきましょう。

広告募集中